事業資金なら不動産担保ローン

自身で会社をお持ちの方の中には事業資金等を銀行から借りられる方も少なくありませんが、その中でも事業資金として利用しやすいのが不動産担保ローンです。

ご自身がお持ちの住宅や会社の土地や建物などを担保にして事業資金を借りるわけですが、土地や建物を担保にすればすぐお金が借りられるかっというとそういうわけではありません。

消費者金融などでお金を借りるのとは違い、銀行等で不動産担保ローンを利用する際は金利が安い分、お金を貸すかどうかの審査があります。

この審査には、土地や建物の登記謄本などの書類はもちろん、評価額を記載した書類、税金を滞納せずに払っているか、他の借入金がどれくらいあるかなどが審査の対象となります。

また、事業計画書の作成が必須となり、今後の事業で収益アップがはかれるかどうかが融資額の金額にも影響する為重要です。

お金を借りるという事は、まず、毎月の返済が伴ってきます。

増えた分の返済を行う為に収益がアップすることは不可欠なのです。

収益が上がらないのに返済額だけが今まで以上に増えていくと会社が立ち行かなくなるのが目に見えます。

そうならないように事業計画で今後どのように事業展開をしていくかをお金を貸してくれる銀行に説明し、計画通りに実行して収入を増やさなければならないのです。

これさえクリアすれば事業資金を銀行も貸してくれます、必要なお金だけを使ったら他に借入金を増やさないようにすることがその後の課題になります。

▼オススメ記事>>>借入先をむやみに増やさない